top of page

にほんごブログ:車(くるま)のめんきょ



先週、友達とパブで子どもの話をしました。ドイツ人のママ友です。私の子どもは彼女のうちのオスカーくんと同じ小学校に行きました。今、オスカーくんは17歳です。イギリスでは17歳から車の運転ができます。オスカーくんも免許を取りますから、練習を始めました。イギリスの運転免許システムは日本と違います。私は日本で車の教習所に行きました。教習所には車がたくさんあります。まず、教習所の中で練習します。でも、イギリスでは先生が家の近くに来ます。そして、町で先生の車を運転します。


イギリスの運転免許のインストラクターはネットで探すことができますが、知り合いからの口コミも多いようです。料金は1回30ポンドぐらいで、試験までにインストラクターと何回  練習するかは人によります。オスカーくんは上手だから早めに終わると言われていて、40回ぐらいだそうです。その後、交通ルールの試験と実技の試験を受けて、合格したら免許がもらえます。私の友達が驚いたのは高速道路の運転がないことでした。彼女がドイツで免許を取った時は高速道路だけでなく、暗い道や凍った道を走る練習があったそうです。



これが日本の教習所(きょうしゅじょ)です。自動車学校(じどうしゃがっこう)、ドライビングスクールなど、いろいろな呼び方があります。


うんてんめんきょ
.pdf
Download PDF • 76KB

264 views0 comments

Comments


bottom of page