top of page

にほんごブログ:春(はる)の はいく




今朝、7時半に起きました。8時に朝ごはんを食べました。携帯でニュースを読みました。それから、洗濯をしました。


いい天気です。庭に猫が来ました。猫の俳句を思い出しました。

私の仕事部屋から庭が見えます。庭に来る猫をいつも窓から見ています。庭に物置があります。物置の上はあたたかくて、猫たちの好きな場所です。今日は白と黒のぶち猫が寝ていました。


   寝て起きて 大あくびして 猫の恋

   春雨や 猫に踊りを 教える子


これは春の俳句です。俳句には季節の言葉(季語)があります。「猫の恋」や「猫の子」は俳句の世界では春の季語です。


雪の日や こたつの上に 眠る猫


こちらは「こたつ猫」。こたつは冬の季語だから、冬の俳句です。


俳句の季語には動物や植物がよく使われています。鳥や虫 など小さい生き物でも季語になります。『HAIKU Animals』と いう本があります。挿絵がきれいで、おすすめです。もし、機会があったら見てみてください。日本画の動物はかわいいですよ。






929 views1 comment

1 Comment


Guest
Mar 01, 2023

はるのねこ まどのとなりで ねています 

Like
bottom of page