にほんごブログ:秋(あき)のびじゅつかん

更新日:6月9日


Photo: NIHONGOBLOG


水曜日に仕事を休みました。電車で美術館に行きました。とてもいい天気でした。美術館は古くて大きい家です。1916年ごろから画家や作家が一緒に住んでいました。1986年に美術館になりました。家のまわりにきれいな庭があります。夏の花と、秋の花を見ました。果物の木もありました。りんごはもう赤かったです。


この美術館の名前はCharleston Farmhouseです。ルイスという町の近くにあります。住んでいた人たちは夫婦だったり、恋人だったり、人間関係が複雑ですが、みんな歴史上の有名人だそうです。ボランティアガイドの人が教えてくれました。私は以前、画家のバネッサ・ベルの絵を見たことがあって、とてもよかったので、Wikipediaで調べて、この美術館(彼女の家)にたどり着きました。妹のバージニア・ウルフの本も今度読んでみたいと思います。戦争中に野菜を作っていたと言われる庭に、コスモスが咲いていました。夏が終わったなと思いました。コスモスは漢字で秋の桜(秋桜)と書きます。


秋のびじゅつかん
.pdf
Download PDF • 80KB


閲覧数:187回0件のコメント