top of page

にほんごブログ:イサム・ノグチ


Photo: NIHONGOBLOG

今日、ロンドンでイサム・ノグチ展を見ました。ノグチは20世紀の芸術家です。ノグチのお父さんは日本人です。お母さんはアメリカ人です。ロサンゼルス出身で、3才から13才まで日本に住んでいました。ノグチの作品は、

· 彫刻が多いです。

· 和紙のAKARIシリーズが有名です。

· 形と素材がおもしろいです。

· つるつるしています。

· オーガニックな印象です。

· バランスが美しいです。


エキシビション会場には小さい部屋がたくさんありました。庭にも展示がありました。部屋の壁にノグチの言葉が書かれていました。ノグチの言葉はわかりやすくて、心に刺さります。作品の中では、白くてすべすべした石の彫刻が一番印象に残っています。重力、空間、宇宙などをテーマにした作品もおもしろかったです。壁の説明には物理に関係がある言葉が多かったです。私は谷川俊太郎の「二十億光年の孤独」という詩を思い出しました。


If you like Noguchi's works, you might like this poem.

Poem "Two Billion Light-Years of Solitude" by Shintaro Tanikawa


イサム・ノグチ
.pdf
Download PDF • 93KB



282 views0 comments
bottom of page