top of page

にほんのぶんか:こどもの日 Children's Day



五月五日は「子どもの日」です。日本の伝統的な行事です。子どもが元気に育つようにおいわいします。男の子がいる家ではかぶとやこいのぼりを飾ります。


昔のさむらいは戦いに行く時、鉄のかぶとで頭を守りました。今でも博物館でかぶとを見ることができます。こいのぼりのコイは川に住んでいる魚です。大きくて、強くて、長生きします。五月に日本に行ったらこいのぼりが空を泳いでいます。


子どもの日に折り紙でかぶとや こいのぼりを作ったら楽しいですよ。新聞や、ラッピングペーパーがありますか。四角く切ったら大きい折り紙になりますから、大きいかぶとを作って、頭にかぶります。そして、友達とじゃんけんゲームをしましょう。負けたら、相手にかぶとをあげます。勝ったらかぶとを二つかぶって、次の人とじゃんけんしてください。負けたらかぶとを全部あげなければいけません。最後に一番多くかぶとを持っている人が優勝です。


*じゃんけんかぶと:負けた人が勝った人にかぶとをあげて、勝った人(大将)の後ろについて歩きます。だんだん列が長くなって最後は大将同士がじゃんけんします。

こどものひ
.pdf
Download PDF • 392KB




1,426 views3 comments
bottom of page